黒毛和牛の放牧という飼い方

IMG_4381_edited.jpg
誰にでも好まれる牛肉ではありません。

鏡山牧場で育つ牛は、和牛の品質を競う全国大会で、何度も日本一の栄光に輝いている宮崎県産牛。その一大産地である宮崎県でも、鏡山牧場の放牧面積は随一の面積を誇ります。これは、鏡山牧場が、国内の食肉牛では珍しい放牧スタイルで「グラスフェッドビーフ」を生産していることに関係があります。
牛を牛舎で飼い、主に穀物類を飼料とする肥育方法をグレインフェッドと呼ぶのに対し、放牧で牧草を食べさせて育てる方法がグラスフェッドです。グレインフェッドビーフは、牛舎であまり動かずに糖質の多い穀物類を食べて育つため、脂肪分が豊富で「サシ」がしっかり入った肉に。一般に黒毛和牛といえばこの方法を取りますが、鏡山牧場では、放牧で牛たちを自由に歩かせることであえて脂を絞り、赤身のうまさを堪能できるグラスフェッドビーフを育てています。

脂「サシ」の多さよりも赤身肉の美味しさや牛が出荷されるまでのストーリーに共感していただける方々にお愉しみいただきたいと考えております。

鏡山牧場のポリシーはこちら